Welcome to my blog

ボクネコの好奇心

モデルガン:コルト ガバメント コマンダー  ⑨(木グリにメダリオンを付ける②)

READ MORE

See more details

モデルガン:コルト ガバメント コマンダー ⑨(木グリにメダリオンを付ける②)

さて、前回は メダリオンの装着(接着はしていない)まで終わって 今回は  それに色づけをして、接着までします 前回までが  この状態 このまま銀色でもいいんですが、なんとなく金色にしたくなりました。   金色と思って、まんま金色のプラカラーでいいかとも思いましたが 色の濃淡変化をつけたいので、少し明るい金色を選んでみました  左が ミスターカラーの9番:ゴールド(金)で、右が217番の...
モデルガン:コルト ガバメント コマンダー  ⑧(スライドの分解手順)

READ MORE

See more details

モデルガン:コルト ガバメント コマンダー ⑧(スライドの分解手順)

実銃でも、モデルガンでも火薬カスが結構な頻度で溜まりますので基本分解というのをよくしますここまでは 発砲する上で必ず必要な掃除分解なので、オーナーなら必ず知ってますしググってもたくさん出て来ますまた、これから先のフレーム側の分解も  趣味のページでよく見ますしかし、スライド側の分解が  ググっても殆どない状態でしたまぁ通常必要ないと言われればその通りの部分なんですがブルーイングするなら必要な...
モデルガン:コルト ガバメント コマンダー  ⑦(木グリにメダリオンを付ける①)

READ MORE

See more details

モデルガン:コルト ガバメント コマンダー ⑦(木グリにメダリオンを付ける①)

この回で[リンク]   モデルガン:コルト ガバメント コマンダー ⑤(チェンバー加工と木製グリップ)  木製グリップを買ったのですが   なんとなく 物足りなさを感じて メダリオンを付けることにしました。       前処理 その前に 買ったグリップの調整を充分しておきます メーカー品もそうですが自作販売品は特にグリップが太めになってるケースが多いです そうでなくても(実銃...
モデルガン:コルト ガバメント コマンダー  ⑥(スライドの研磨)

READ MORE

See more details

モデルガン:コルト ガバメント コマンダー ⑥(スライドの研磨)

  作業ペースが非常に遅いですが ようやく スライド部分の研磨が終わりました    研磨作業のやり方は、人それぞれですが 私の場合、コンパウンド等は一切使わず、ひたすら紙やすりです 紙やすりと言っても、こういうフィルムですね これの#4000,#6000,#8000を使います #10000までやりたい気もあるんですがブルーイング前作業でそこまで意味あるのかな という気持ちと、ヤスリ代のもったいなさか...
コルト ガバメント コマンダー  ⑤(チェンバー加工と木製グリップ)

READ MORE

See more details

コルト ガバメント コマンダー ⑤(チェンバー加工と木製グリップ)

弾丸が拳銃内で発火→発射される場所(部屋)のことを チェンバーといいますが、その薬莢が排莢される窓から見えるチェンバー部分がABS樹脂なためここだけ色が違って見えます写真ではわかりにくいのですが、プラスチック感がアリアリなのですここは玩具とはいえ火薬を使う場所なので、ある程度の強度が必要でHW樹脂とはいかず、さりとて金属を使うわけにもいかないのでここから銃身までずっとABS樹脂なのですこのコマンダーに限ら...
コルト ガバメント コマンダー  ④(グリップセイフティを削る)

READ MORE

See more details

コルト ガバメント コマンダー ④(グリップセイフティを削る)

  ブルーイングの下地処理は 結局 元々の凸凹までキレイに処理し 刻印ギリギリまで攻めて  面を真っ平らにする仕上げに決めました     ↓ これをさらにクリック拡大してもらわないとわからないんですが かなり ギリギリまで攻めることになりました ( COMBATの字がヤバイです )   あと、 スライド上部が仮ブルーイングしたところで、若干青く見えますが そこと見比べて 銃全体的を そん...
コルト ガバメント コマンダー  ③(弾丸を研磨する)

READ MORE

See more details

コルト ガバメント コマンダー ③(弾丸を研磨する)

  この銃、ヤフオクで買って中古なんですが その時に付いていたカート(弾丸)がコレ   でも、事前に調べてたマルシンの物と全然違うんですよね 手動でちゃんと排莢するので、これに火薬を詰めて発火させても 問題ないとは思うんですが 万が一を考え、純正品を新たに買って、 発火用とし、 これはダミーカートとして置くことにしました  ( どなたか このカートの由来を知ってたら、ぜひ教えてください ...
コルト ガバメント コマンダー  ②(様子見ブルーイング)

READ MORE

See more details

コルト ガバメント コマンダー ②(様子見ブルーイング)

  前回紹介した Colt M1911A1 Combat Commander を さっそくブルーイングしていきます   発火目的のモデルガンなので 細かい調整はしませんが   それでも個体差があるので どういう具合に染まっていくかの様子見をします   HW樹脂のモデルは出荷前に黒い塗料を塗ってあるので その工程をすごく簡単に言えば その塗料を剥がす → 磨く → 薬剤をつける → 磨く という感じです   ...
コルト ガバメント コマンダー ①(購入品の紹介)

READ MORE

See more details

コルト ガバメント コマンダー ①(購入品の紹介)

年末大掃除の時に見つけたこの怪しげな箱     物々しいことが書いてありますが モデルガンの7mm火薬なのです   いきなり前回の話を覆すようですが ここしばらく銃関係の興味も薄れ、 このダンボール買いした大量の火薬の存在をすっかり忘れていたのです。   そして、これまた前回の話を覆すようなことを言いますか この火薬を消費すべく、(発火重視で)ABS製の銃を購入することに決めました ...