Welcome to my blog

【ウニカメラ返上】GoPro HERO7 に水準器を付ける

Category - Shopping
 

私のGoPro7は、性能を重視するあまり

ツンツンヘアのウニカメラになってしまったのですが
 
2019-04-16_10-min.jpg
さすがに  これを装着するのが恥ずかしくなってきました
 
 
アルミカバーについては   この記事で 
違和感のないよう、バックパックに付けて、旅行者を演じてたのですが
2019-04-11_07-min.jpg
それにしても  ゴツすぎます
 
 
そこで、せめて頭のツンツンヘアだけでも取り替えることにしました
ここの放熱は思ったほど関係ないみたいだしね 
 
 
どうヘアアレンジ‥‥いや、アイテム交換しようかと考えたのですが
いい感じの水準器が  安くあったので、これを購入することにしました
 
 
 
水準器は消耗品

他の出品をみると、4つセットとか5つセットとかで  数百円で売ってました
そもそも水準器は消耗品で、野外の高熱で中の気体が膨張し液漏れしやすく、安い物は特にその傾向があります。なので、最初から5つセットとかで買っても良くてそっちの方が若干 お得感があるお値段だったのですが、この形の水準器を試したことがなかったので今回はお試しで1つだけ買ってみました。そもそも水平を取るためというより、見かけの改善のためだしね^^
 
そこそこ耐久力もあり使いやすかったら、次回は5個セットを買うつもりです
 
 
 
そして   到着
2019-05-03_01.jpg
 
 

装着は簡単だが、若干ゆるい
装着は もともとアルミカバーにアクセサリーシューが付いているのでそこにそのままスライドさせて はめ込みます。しかし、シュー側が薄く、何かに少し接触しただけでズレ落ちてしまいます。水準器側はゴム製ですが、そのゴムの引っかかり以上に緩い感じです。
 
そこでシュー側をテープで補強し、厚みを持たせることにしました

まずは  普通のセロハンテープで 
2019-05-03_02.jpg
失敗です
薄すぎました
 
次にマスキングテープ
2019-05-03_03.jpg
あまり変わらず。。そして表面がツルツルでヌルヌル動きます
 
 
もうちょっと厚みがあるテープを・・・
なかなか見つからなかったのでコレでやります
2019-05-03_07a.jpg
 
厚みと共に硬さもあり、この小ささではすぐ剥げてしまうのですが
2019-05-03_04.jpg
なんとか接着できました
 
硬い素材の反力でまた剥がれないうちに  すかさず水準器の取付
2019-05-03_05.jpg
うん、なかなかしっかりつきました
 
これでウニカメラ返上です
2019-05-03_06.jpg
若干 穏やかな顔つきになりました(笑)
 


水準器としての性能は
まぁ オマケ程度の大きさなので、お世辞にも見やすいとは言えませんが、一般的なカメラと違い水平チェックするのは装着時くらいなのでそこまで問題にはなりません。また  胸元に装着してから上から見下ろしてチェックするので 上から確認できるスタイルなのはGOODです。一般的なカメラに付けると(構えて、カメラ後ろ方向から見るケースが多いので)逆に見にくくて使いにくい形でしょうね。 ブツ撮りなら良いかもしれません。感度は、かなり敏感でセンシティブに反応します。野外用には向かないかもしれません。やはり 室内使用のブツ撮り用かな。一番気になる耐久度ですが、これは  これから使ってみないとわからないし、使用環境にも大きく左右されますがまぁ 数百円ですし、半年~1年間保てばいいかな  って思ってます。



GoProGoProアクセサリー水準器

0 Comments