Welcome to my blog

コルト ガバメント コマンダー ③(弾丸を研磨する)

Category - ToyGun-Commander
 

この銃、ヤフオクで買って中古なんですが


その時に付いていたカート(弾丸)がコレ
IMG_2521.jpg
 
でも、事前に調べてたマルシンの物と全然違うんですよね
手動でちゃんと排莢するので、これに火薬を詰めて発火させても
問題ないとは思うんですが
万が一を考え、純正品を新たに買って、 発火用とし、
これはダミーカートとして置くことにしました
 ( どなたか このカートの由来を知ってたら、ぜひ教えてください )
 
 
ただ、ダミーカートにしては ちょっと古びてて見栄えが良くありません
そこで磨くことにしました
 
モデルガンをよく扱う人ならわかると思いますが
この、カートリッジを磨くというのは  けっこうしんどい作業になります
1発2発ならいいんですが、それ以上の手作業になるとかなり指が痛くなります
 

そこで、

私は電動ドリルを使った方法でやっています
とはいえ、通常のドリルチャックでは弾丸の太さは入りません

なので
これを使って、電動ドリルの先端に差し、回転させつつ磨くのです
 
 
まず 
(汚れまくってますが)ゴムホースの切れ端を用意します 
IMG_2994.jpg
使い古して 何mmのチューブがわからなくなりましたが
たぶん外径12mmか13mmです
 
これを弾丸に指してから
IMG_2995.jpg
 
チャックに挟み込みます
IMG_2998.jpg
これを通常の電動ドリルに取り付けるわけです
 
いつもは 38口径の9mmまたは357マグナム弾ばかりで
この45口径の太い弾が入るか心配でしたが、ギリギリいけました
 
あとは適当な研磨材
を適量付けて、ティッシュででも押さえて、回転させれば
 
IMG_2518.jpg
こんな風になります
 
古いのと見比べると  こんなに違います
IMG_2523.jpg
IMG_2516.jpg

新しめのカートを研磨すると、どうしても若干色落ちしたような薄い色になってしまい 安易に磨くべきではないかもしれませんが、かといってそのまま放置していれば(未発火でも)いずれは酸化して こんな汚い黄土色になってしまいます
 
そこまできたら、多少薄くなったとしても どす黒い黄土色よりはマシなんで、この方法を知っておいたら便利だと思います
 
かなり 楽に作業できますよ
 
 
②へ       ④へ
モデルガンコマンダーブルーイング

0 Comments