Welcome to my blog

【ブログ用に愛用】安いカメラライト

Category - Shopping
 

ブログで手元の写真を撮る時

部屋の照明だけでは  どうしてもカメラ自身の陰が入ったり、光量が足らなかったりと なかなか上手くいかないものですが、皆さんはどのように対策されてますでしょうか
 
だいぶ前の商品になりますが、私はこれを使っています

NEEWER CN-160 LED ビデオライト

購入時価格2499円
 


機能は必要にして最小限
色温度は脱着式のフィルターで切り替え、あとはダイヤルで光量を調節するスイッチのみです
 
IMG_2893.jpg
裏面のボタンは電池残量チェックボタンで、押すと横の四つの LED で残量を表示します

側面のオンオフと書いたダイヤルで点灯し、そのまま回すと光量が強くなる。という設計です
その横の白いのは、私が後付した極小スイッチで・・・それは後述します
 
特筆すべきは電源で、写真では電池が5本入ってるように見えますが単3電池 8本を使用します
乾電池だけでなくカメラ用の電池数種類を直接セットすることもできます
 
 
用途に合っていれば十分な機能  がしかし・・・

私の場合はブログで商品の写真を撮るという目的のみで影ができなければそれでよく、色温度も 白一枚のフィルターをセットしたままでで十分です。これで 約2000円ですからコスパに優れて満足満足・・・といきたいところですが、個体差かもしれませんが、ひとつだけ問題があるのです
それは  長期間使わないと、自然放電してしまう  のです。エネループで繰り返し充電しながら使っているのでお金的には問題ではないんですが、2、3日使わないだけで、「よし、今日使うか」という時に電池残量ゼロ。毎回 取り外せばいいんですが、8本の乾電池をバラバラと外したりつけたりするのは毎度の作業としては面倒なのです
 ( 商品レビューにはないから、私のだけの個体差なのかも )
 
そこで分解して、電池と回路をつなぐ間にスイッチをつけました
IMG_2898.jpg
それが先に書いた白いスイッチです
 
これを主電源とし、まずここをオンにして、ダイヤルのスイッチを動かします
これで電池が自然に減ることが全くなくなり  問題なく使えています
 
 
ただね、、、その後  ちょっと欲が出まして

こんなものを買っちゃいました


ディフューザーですね
 
これも物はよくて、このライトにぴったり装着でき
光源拡散の効果もそれなりにあって
商品として全く問題がないんですが・・・
 
コレをつけちゃうと、自作の白いボタンが押せなくなるのです 
 
こればっかりは商品に文句を言っても仕方ないですね(笑)
毎回このディフューザーを取って、白スイッチを入れ、ダイヤルスイッチを入れる
ということをしています
 
 
ただ、もう結構 長い間使ってきて
そろそろ他のに変えたい気持ちもありますし、毎度 面倒なこともありますし
近いうちに  なにか別のに買い換えたいなと物色中の今日この頃なのです



カメラライトビデオライト撮影機器

0 Comments