コスメ

クレ・ド・ポーボーテ ブラッシュデュオプードル 103

レフィル 全5種 標準小売価格 各4,500円(税抜)
別売専用ケース 標準小売価格 2,500円(税抜)
別売専用ブラシ 標準小売価格 1,000円(税抜)

パウダーなのに、水彩画のように溶け込む、頬染まる

今回は初めてクレ・ド・ポーボーテのカウンターデビューのものです
何だかコスメカウンターって緊張しますが、一番緊張するところでしたね^^;

実はオンブルクルールクアドリn(4色アイシャドウ)の303を目当てに
ドキドキしながら訪ねたのですが、美容部員の方に
「自然な目力が欲しいです」(欲しいもの多すぎて困るねぇ)と話したら
「お客様は今されているアイメイクでも十分綺麗にできている状態ですので
少し塗り方を変えるだけでも良さそうですよ」と言われました(´゚д゚`)

個人的な先入観と言うか、かなりの数の方は客が望んでいる商品に
いくら+αをするかってのが重要になっていたりするので、
正直今回もそのような話し方をしてくるのかなぁと緊張していました汗

でも「塗り方を変えるだけでも十分ですよ」って!?なかなかの衝撃です笑

そして丁寧にアイメイクの仕方を教えていただき、
「チークをもう少し足したほうがいいかもしれませんね」と、
今日の商品を使ってチークの塗り方までレクチャーしていただきました

実はほぼぱっつんな前髪をしているので、アイメイクが隠れると言うか
目立たなくなってしまうのでそのように言われたのかも
そしたら「見えている部分」をどのように見せるかが重要ですね

黒目からまっすぐ降りてくる線、そして小鼻の根本から
平行につながる線が合う部分、それがチークがスタートする部分になります

頬骨に沿って腕全体でブラシを動かせるイメージでなぞっていくと
自分に一番ナチュラルに似合うチークメイク完成♪ 自然な血色感が生まれます

いや~、このコーラルはイエベ、特にスプリングの人にバッチリ映えると思います
そしてチークの初心者の人でも使いやすいとのことでオススメされました
(こちらも別に押し売りされたわけでもなく、心が動じてしまいました)

「特に持ち歩きなどはされませんか?ケースは少し大きめなので逆に嵩張るし、
もしよろしければこちらのレフィルだけでも全然良いですよ」

えっ!!しかもケースも勧めないなんて・・・お財布に優しい(T_T)
とにかく大変丁寧な方で、本当に好感が持てました

頬を彩るカラー、質感を作り上げるカラーの2色セット

クレ・ド・ポーボーテのチークは、2色でできています
ブラシにまんべんなく含ませて使うと一番基本的な使い方になります

私の活用法は・・・

  1. しっかりめのチークにしたいとき:濃いほうの色のみ
  2. 艶と自然な血色だけで仕上げたいとき(アイメイクがメイン):薄いほうの色のみ
  3. (美容部員の方から教えてもらった)可愛らしさを出したいとき:
     基本的な使い方の後、濃いほうの色を少しだけ頬の真ん中に足してあげる

の、4つの方法を使っています°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°
一つのチークで様々な印象に仕上がるので本当にオススメです!

粉っぽくならず、乾燥することもなく長時間綺麗なままですよ
(クレ・ド・ポーボーテ特有の、バラの香り?もテンション上がります)
ほぼ毎日のように使っているくらい、とても使いやすいチークです^^

値段が高いのでなかなかカウンターに行くのに勇気が必要かもしれませんが、
このチークに関してはもう少しフェミニンな102番も揃えたくなったくらいですので
もし興味がありましたら是非チェックされてみて下さいね!

アラサーになってきて、お肌の質感と血色が印象を決める
かなり大事な役割をしているんだね、と、しみじみ感じている今日この頃です笑


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。