園芸

花いとし の効果実験(全体散布前の注意)

ようやくスプレー防虫剤が届きました

この薬を選んだのは、調べていくうちに

  • 12年の歳月をかけて開発した商品である事
  • 一目で花用とわかるように工夫してる事
    防虫剤・殺虫剤というように虫を殺す事を前面に出す事より、花用であり「花が いとしい」と思うから使う商品という名前にしてるらしいこと
  • そのロゴの「いとし」は社長の直筆であること ←思いが入って気合いが感じられるw

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000224.000023444.html

ということからなんですが、ぶっちゃけまぁどれでもいい中、
選びかねて「ほぅ、面白いやん」って思ってだけという・・ねw

ただ、届いて現物を見て「ほぅ」と思ったことが

↑絵入りで凄く分かり易いです。
こういうのは細かい字で書いてあってだいたい読まないんですが、これなら(実は花の種類をあまり知らない)私にもよくわかります。
パッと目に付いたのは「ツツジ」「キンモクセイ」「ツバキ」これがウチにもあるんです。花用として買ったので、もし細かい字だけで読まなかったら気がつかなかったことなんですが、ウチにある庭木用としても使えるんだなぁ。とわかりました。

さらに驚いたのが、この部分が冊子になっていて 開くとわかりやすい効果や対応害虫が絵入りで書いてあるんです。これはわかりやすい!!

そしてさらに次のページには花名と病名、そして使用回数?と・・でも正直コレはよくわからなった。ようは2回以内に抑えとけってこと?全部そうだから まとめて「2回までね」って書いておけばすむような・・^^

で、これを読み終えたらまた閉じて、開いたページがピタリと張り付く。  これがいい!
説明書なんてどっかにやってしまうんですが、ボトル本体に取り付けられてて必要な時に開いて見て また元通りに張り付くってのが凄くいいです。


それでは実際に使ってみます
この日のために用意した(?)実験用パンジー。みごとにアブラムシが付いています

花弁にはスプレーするなとは書いてありますが、構わずプシュー!

そして1時間後

ほとんど落ちています。 すごい
そして花弁にも影響なし。花弁がどうにもならないのなら、薬害はないと言っていいのではないでしょうか

さらに1日後

まだ若干 虫が張り付いているように見えますが、張り付いたままご臨終されています。花弁も特に弱った感じはありません。

これなら 安心して「1万分の1の希少斑入りパンジー」にも使えます。

ここまで検査する必要あるの? ちゃんと花用として開発してるのに?と思われるかもしれませんが、極々希に自分の花には合わなかった(枯れた)というケースがないことはないのです。なので絶対大切にしているお花はもちろん、できればそこそこ大切なお花にも 最初に別株で試してから全体に吹きかけた方が良いんですよ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です